女性ホルモンが育乳バストアップ効果のカギとなる

中学生女子

なぜ、女性だけが胸が膨らんでいるのかわかりますか?

それは女性ホルモンの働きによるからです。


女性は思春期になると、黄体形成ホルモンの働きによって、生理が始まるようになります。
さらに卵胞ホルモンの作用によって、初潮と前後して女性らしい体に変化していきます。


そうなると、バストが膨らみ始めるという仕組みです。
思春期から、成人期にかけて、女性ホルモンの分泌料が多ければ多いほど脂肪がつきやすく、バストが豊かになるということがわかっています。


反対に、この時期に女性ホルモンが分泌されないとバストも小さいままになってしまうのです。


では、女性ホルモンが分泌されない理由は?

思春期に、激しいスポーツや、ストレスなどにより過剰なエネルギーの消費があると、女性ホルモンの分泌が少なくなり、バストの発育が妨げられます。


女性ホルモンの分泌が正常なら、出るところはでてしまるところはしまるようになっているのです。
反対に、女性ホルモンがでなくなり始める30代からの育乳には、女性ホルモンの働きを助ける育乳サプリが効果があります。
20代の女性は、まだ女性ホルモンが十分に分泌されているので育乳サプリを飲む必要がないとは思っています。